「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業認定

2017/06/20 プロスタキッズ体験教室潜入レポート!★その3★

カテゴリー 体験スクール スタッフの1日

こんにちは!人事部の望月です。

おはスタでも取り上げていただいたプロスタは、毎月体験授業を開催しております。

プログラミングどころか、Web制作についてもまったく初心者の私が参加しての様子をレポートいたします!

▲プロスタキッズ 人事部 望月

  • 授業の流れ

今回の体験授業では、「スクラッチ」というマウスで操作するだけで、ゲーム感覚でプログラミングができるものを採用しております。

まず先生から、簡単なプログラミングの考え方を演習を交えつつ教わります!

マウスを使うだけですが、小さなお子さんはマウスになれず、苦戦している子もいましたが、サポートの社員がしっかりフォローするので、みんなが理解した段階で授業が進行していきました。

つぎに自由演習の時間で、これまで教わったことを活かして自分が作ってみたいゲームを考えてみます!

実際にゲームにでてくるキャラクターはどのような動きにするのか、どういうルールにするのかを考えて実現するには、かなり建設的な考え方が必要です。

2.来てくれたお子様たちはどんな子?

今回の体験に来てくれたお子様の多くは小学校3年生以下で、とても素直な子が多かったです!その分、大人には持っていない発想力や思考の柔軟性があり、これはもしかしたらお父さん・お母さんも知らなかったお子様の才能を見つけられるのでは?!と本当に感じました。

また、小学校1年生のお子様も来てくれましたが、目に見えてPCの操作やマウスの操作、言われたことを覚えている記憶力は素晴らしかったです!成長する速度が目に見えて早いのもいいなあと思いました!

3.実際に体験学習で作れるゲームは・・?

たくさんの事例は過去の記事でもご紹介をしておりますが、今回は体験学習後に私が作成したゲームを紹介します。

自分で手書きしたチーズをねずみが追いかけ、ねずみはネコにつかまったらゲームオーバーというルールのゲームを作成しました!

作ってみての感想ですが、作っていくうちに「もっとこういうルールだったら面白い!」という発送が自然と浮かんできたり、「どうしたらルール通りの動きになるかな?」という論理的な思考を使ったりしたので、思っていたよりも頭を使っての作業がメインでした。

PCを子供に触らせるのが、不安な親御さんもいらっしゃると思いますが、子供のうちから自然とこういった力がついていれば、大きくなってもどんな方面にも活かすことができる力が身に付くと改めて感じました。

ちなみに弊社ではそんな子供達のやる気アップのために、コンテストなども定期的に実施する予定があります。

賞金が20万円でる本気度マックスの企画です!まずはみんなですてきなアイディアをカタチにする力を身につけてほしいものですね!

 

メイクコードと
スクラッチから
好きなコースを
選べる!

無料体験教室開催中!

プロスタキッズでは随時無料体験教室を開催しています。
初心者でも安心、お気軽にご参加ください!

担当:真壁

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5479-2277

受付時間:平日10:00~18:30(定休日:日曜日)

まずは無料体験教室へ

教育事業者様・企業様向け

プロスタキッズでは、全国各地を対象に当事業を
展開していただけるオーナー様を募集しています。

フランチャイズに関する情報はこちら