「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業認定

2017/07/26 プログラミング学習にマイクラが役立つ?~その2~

カテゴリー プログラミング知識

おはようございます。インターン生の水上です。

最近やっとJR線と東京メトロの違いがわかりました・・・

先日に引き続き、プログラミングについて解説させていただきます。

 

電子機器は全て0と1で出来ている

 

プログラミングに入る前に少々小噺を

プログラムとはコンピューターに下す命令をまとめたものです。

コンピューターは言葉を認識することができません。

たとえば、今みなさんがコンピューターに絵を書いてほしいとします。

コンピューターに向かって、「絵を書いて」と話しかけても大抵のコンピューターは

絵を書いてはくれないと思います。

そのため、実際に絵を書いてほしいときはプログラミング言語を用いて

機械語(きかいご)と呼ばれる、コンピューターが理解できる言語に変換する必要があるわけです。

その機械語が0と1のみで表されているため、全ての電子機器は0と1を使って動いているということになります。

(2進数といいます)

内容は簡単な物に例えると電灯等に例えられます。

電気がついていない状態を0、電気がついている状態を1とします

 

このような単純な0と1の決まりを論理回路といいます。

 

マイクラでも、簡単な論理回路であれば一瞬で作成することが可能です。

スイッチはオンの時1を、オフの時に0を出力します。

下の図は、レバーが下を向いている時がオン状態

上を向いているときがオフ状態です。

画像に2つの回路が写っています。

スイッチは両方共同じ向きを向いているのに

得られる結果(電灯の点灯)は逆ですね

このような回路をNOT(ノット)回路と呼びます。

 

と、ここで

廊下や階段等を思い浮かべてみて下さい。

・長い廊下に電灯が一つ

・廊下の両側に電気のスイッチがあります

廊下の電気を消すのに、スイッチが一つだと不便ですよね?

両側のスイッチどちらでも電灯を点灯できると便利ですよね?

 

どちらもスイッチが下がっているときのみ電気が消える設計です。

両側のスイッチが片方でも上がると電気がつきます。

このような回路をNAND(ノットアンドまたはナンド)回路と呼びます。

この他にもいろいろな種類の回路があり、それぞれの組み合わせでプログラムが動いています。

パソコンや、キーボードから打ち込むだけがプログラミングではありません。

この一連の作業も

廊下の電気を便利にするプログラミング

と言えるわけです。

 

プログラミングはやりたい時が始め時

プログラミングは始める時期に決まりはありません。

もう遅い、まだ早すぎるなどなどお悩みはありませんか?

品川にあるプログラミングスクール『プロスタキッズ』では、プログラミングを学びたい子供向けに

簡単操作で本格的なプログラミングを学べるソフト「Scratch」を用いたプログラミング教室を開講しております。

基本的なプログラミングをコチラで学び、更に発展的なプログラミング学習への足掛けになればと思います。

そして、今なら夏休みシーズンということで無料体験教室の開講日程を増やして皆様のご参加をお待ちしております!

コチラのブログを読んで下さり、もし少しでもプログラミングに興味を持ってくださった方がいらっしゃれば

この機会に是非無料体験にお申込み下さい!

メイクコードと
スクラッチから
好きなコースを
選べる!

無料体験教室開催中!

プロスタキッズでは随時無料体験教室を開催しています。
初心者でも安心、お気軽にご参加ください!

担当:真壁

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5479-2277

受付時間:平日10:00~18:30(定休日:日曜日)

まずは無料体験教室へ

教育事業者様・企業様向け

プロスタキッズでは、全国各地を対象に当事業を
展開していただけるオーナー様を募集しています。

フランチャイズに関する情報はこちら