「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業認定

2017/11/20 プロスタキッズ初潜入!

カテゴリー 体験スクール スタッフの1日

 

  • 自己紹介

こんにちは。プロスタキッズの植松です。

私は、普段はインターネット広告事業部のインターン生として働いていて、日々広告について勉強しているところです。

 

しかしインターン生としてミスターフュージョンの業務を幅広く経験したい私は、プロスタキッズにも携われることとなりました!

 

そして入社3日目、早速プロスタキッズの体験授業に参加してまいりました!

 

 

  • 授業内容

 

今回の体験授業では3人のお子様とその保護者様にお越しくださいました。

 

授業の時間が始まるまで、パソコンを触れることに慣れてもらうのも兼ねて、時間つぶしに「Scratch」というソフトのゲームで子供たちに遊んでいただきました。

予想以上に子供たちは大盛り上がり。早くも教室は大盛況となりました。

 

非常に集中して取り組んでいて、

「あ~!!ミスったあ~!」「よっしゃあ~!」

などの感情の強くこもった声が響きわたりました。

やる気と好奇心に満ちたエネルギッシュな彼らに負けじと、こちらも指導に熱が入りました。

 

 

そして体験授業開始!

まずはパソコンの起動方法から丁寧に説明します。

↑今回の講師は真壁先生。パワフルな指導で教室を盛り上げてくれました。

 

 

そしてパソコンがしっかり自分の手で起動できたら、クリックやドラッグなどのマウスの基本操作の説明に入ります。

パソコンに全く慣れていないお子様でも、基本からしっかり学べるので安心です。

 

 

 

プロスタキッズでは、「基本」を大切にしています。

基本を繰り返し学ぶことでプログラミング学習の土台が構築され、子供達の今後の成長につながるのです。

 

 

基本操作の説明を終えたら、簡単なゲームを通じて早速操作をやってもらいました。

↑最初はドラッグの操作に慣れていなかった子も、繰り返し練習することでスムーズに出来るようになりました。

 

みなさん吸収が早く、すぐに基本操作を身につけました。すごい!

 

 

そして体験授業最大の山場!

講師の指導のもと、自分たちの手でゲームを一から作ってもらいます!!

 

 

ついさっきまでパソコンの基礎もわからなかった子がいきなりゲームなんて作れるのか?

そういった疑問が浮かぶでしょう。

 

でも大丈夫です。「Scratch」というプログラミング学習ツールを用いて講師が丁寧に教えてくれます!

「Scratch」とは、アメリカのマサチューセッツ工科大学の「メディアラボ」というチームが開発した、初心者向けのプログラミング学習ソフトです。

「Scratch」ではブロックを用いてプログラミングを簡単に組み立てることができ、

小学生でもわかりやすく効率的に学習することができます。

フィンランドなどのヨーロッパ諸国ではこの「Scratch」を小学校での教育に用いている国もあります。

 

子供でも簡単に出来るものだからといって、あなどってはいけません。

このソフトを通じて自分の手でコンピューターに指令を出したり、条件文を設定したりすることを通じて、実際に社会で運用されているプログラミングと同じ思考が養われるのです。

↑ゲームで使用するスプライトの設定まで子供自身でやってもらいます。(スプライトとは、ゲームに出てくる『登場人物』のようなものです。)

 

 

その「Scratch」で子供たちはとても集中してゲーム作成を進めていきました。

 

 

そして、見事全員完成!

自分の操作でゲームを作ることができました!!

みんな、あらためてすごい!!!

↑親御さんも子供の作ったゲームに興味津々です。

 

 

そして、最後に電源を切り、シートで自分の使ったパソコンをしっかり清掃。

使用したものを元あった以上に綺麗に掃除するまでが、「学習」です。

  • さいごに

文部科学省は2020年に小学校でのプラグラミング教育を必修化することを検討しています。

そのことから、幼いうちから子供がプログラミングを学ぶ必要性は高まったと言えるでしょう。

 

しかしプログラミングを学ぶ意義はそれだけではありません。

ニューヨーク市立大学大学院センター教授の、キャシー・デビッドソン氏は、

「今の子供たちの65%は、大学卒業時に、今は存在していない職業につくだろう」

と言いました。

【出典:文部科学省ホームページ】

 

人工知能が日に日に進化している現在、いま当たり前にわたしたちの身のまわりにある職業があと10年やそこらで機械に取って代わられてしまうかもしれません。

 

わたしたち人間にしかできないことは何でしょうか?

 

プログラミングを学ぶということは、「創る」ことを学ぶということです。

「創る」ということは人間にしかできないことです。

この「創る」力が、今子供たちが身につけなければならないことなのかもしれません。

 

 

無料体験教室への参加、心からお待ちしております!!

↓↓↓

メイクコードと
スクラッチから
好きなコースを
選べる!

無料体験教室開催中!

プロスタキッズでは随時無料体験教室を開催しています。
初心者でも安心、お気軽にご参加ください!

担当:真壁

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5479-2277

受付時間:平日10:00~18:30(定休日:日曜日)

まずは無料体験教室へ

教育事業者様・企業様向け

プロスタキッズでは、全国各地を対象に当事業を
展開していただけるオーナー様を募集しています。

フランチャイズに関する情報はこちら