「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業認定

2018/07/29 マインクラフトでプログラミングを学べるコースのご紹介

カテゴリー プログラミング知識 体験スクール 注目ニュース

 

みなさんこんにちは!プロスタキッズ本部の望月です。
今日は、プロスタキッズでできる「マインクラフトでプログラミングをする」とはどんな内容なのかをご紹介していきます!

 

━━━━━━━━━━━━━

この記事の目次

1,そもそもマインクラフトとは?
—————————————
2,マインクラフトとプログラミングの相関性
—————————————
3,プロスタキッズのマインクラフトをプログラミングとは
—————————————
4,「メイクコードコース」では実際にどんなことをやるの?
—————————————
5,プロマインクラフターのオリジナル教材
—————————————
6,教材の監修はマイクロソフト認定エキスパートエデュケーターの先生
—————————————
7,今だけ1ヶ月目無料受講開催中
—————————————
8,まとめ
————————————–
━━━━━━━━━━━━━

 

そもそもマインクラフトとは?


「マインクラフト」とはスウェーデンのMojang社が2009年に発表したゲームで、日本では「マイクラ」の愛称で親しまれています。世界中で子どもから大人まで幅広く人気で、いまや1億2200万人以上がプレイする大ヒットゲームです。スマートアンサーが実施したアンケート(2016年)によると10代男性の77%以上が「遊んだことがある・知っている」と回答しており、小学生からの認知度が高いこともうなずけます。

実際、プロスタキッズでイベントやビラ配りなどで、近所の幼稚園小学生たちと話してみると、多くの子供達が知っていて「学校で流行っている」「タブレット版やSwitch版などで遊んでいる」という声が非常に多いのです。

そんなマイクラの特徴は、マイクラの世界(ワールド)の中でプレイヤーが、自由に「森林や地下を探検したり、建物を作ったり」、「家畜を育てたり、冒険したり」と何なんでもできるのです。

マイクラの世界(ワールド)は、ボクセルと呼ばれる立方体ブロックで表現された木や土、岩などで構成されています。それらを用いて、自由な形で建物や構造物を制作・配置・破壊したり、地下を掘ってアイテムを採掘したりして、自分だけのマイクラの世界(ワールド)を創りだしていけるのが醍醐味です。

 

 

マインクラフトとプログラミングとの相関性

マインクラフトのワールドは、「バイオーム」と呼ばれる地形や、植物群、温度、など自然の要素を決める気候帯が存在したり、地下に洞窟や炭鉱が合ったりもするのです。こういった広大なマイクラの世界の中で、ユーザーは自分の好きな建築物を作ったり、秘密基地を作ったりします。

このマイクラの世界で、大規模な作業をしたい場合、例えば巨大な建造物を作成したり、地下を大規模に深く掘ったりする際に、プログラミングでプログラムを組むことで「一瞬で完成」したり、単純に行うだけでは「手間のかかる作業を自動化」できたりするのです。

イメージがわかない方は、プロスタキッズ監修者・安藤先生が上げている以下の動画を見ていただけると想像しやすいと思います!

またマインクラフトでは「農園の収獲を自動化する」「自動ドアをつくる」といったことも実現することができます。
これは、レッドストーン回路と呼ばれる「工学的な要素を組み込む」システムで実装されます。レッドストーン回路とアイテムを接続することで、スイッチを用いたON/OFF機能付きの簡単な装置や巨大ロボットなど様々な機械装置を作ることができます。

このシステムのおかげでユーザーは
「こんな機能の機械があったらいいな」、「この作業、プログラミングでちゃちゃっとできないかな・・」などと考えて試行錯誤を自然と深めていけるのです。

マイクラを通じて、子どものうちからこうした「テクノロジーの基礎」や「数学的な考え方」を学ぶことで、論理的思考能力と問題解決能力の向上が見込めるのです。

 

教育の現場で正式に使われているマインクラフト

マインクラフトの人気はゲームファンの間だけにとどまらず、そのさまざまな学習効果から世界中の学校や教室での導入が進んでおり、海外ではスウェーデンやアメリカなど多くの学校でマインクラフトを用いたプログラミング授業が既に実施されています。

日本では、東京都多摩市立愛和小学校が公立小学校としては全国に先駆けて2015年にマイクラを導入し、2016年には東京都渋谷区立広尾中学校も授業に取り入れました。2017年には、総務省が「若年層に対するプログラミング教育の普及推進事業」の一環として教育版マインクラフトを活用したプログラミング的思考学習の推進における実証実験を四国で開始しました。

総務省のホームページには、
「マインクラフトで行う学習活動は総じて子どもの取り組む意欲が強い傾向がみられる。 (中略) この形の学習活動はプロジェクト型学習や問題解決型学習には適している一方で、依然として学校内で重視されている知識伝達型の学習ではあまり用いられない傾向がみられている。」

と記述されています。(出典:総務省HP『若年層に対するプログラミング教育の普及推進事業』内『教育版マインクラフトを活用したプログラミング的思考学習の推進』)
つまり、プログラミングの基礎を学ぶために遊びながら学べるマインクラフトの有用性を日本政府も認めているのです。

 

 

プロスタキッズのマインクラフトをプログラミングとは

プロスタキッズでは、Windows10版のマインクラフトで操作できる「MakeCode(メイクコード)」を用いてプログラミングを学んでいます。

 

「メイクコード (MakeCode)」とは、マイクロソフトによって開発されたブロック型のプログラミング環境です。

メイクコードでは、テキストでプログラムのコードを書く必要がなく、上の画像のようなブロックを積み重ねることによってプログラミングを進めていくことができます。メイクコードで作成したプログラムをマインクラフトの世界の中で実行すると、「エージェント」と呼ばれるロボットのようなものが命令に従ってプログラムを実行していきます。

 

 

プログラム作成画面で「くりかえし〇回」の繰り返し処理や「もし~なら」の条件分岐のブロックを組み合わせて使うことで、複雑で大規模な作業も簡単に実現することができます。
メイクコードは、子どもが頭の中で想像したものをプログラミングで実現できると同時に、プログラミングをする上で重要となる順次処理やループ処理・条件分岐といった概念を遊びながら理解することができるのです。

 

 

このように、想像したものを実際に創り上げていく過程で、子どもは創造性を大いに刺激され「ものづくり」の楽しさを感じられるでしょう。またそれをプログラミングで実現させていく中で子どもの論理的思考力・問題解決能力の向上につながるのです。

またマインクラフトの世界で、自分が想像したものを作り上げるためには、「奥行き」「幅」「高さ」の3軸からなる空間把握の能力が必要になります。
つまり、算数の図形問題・数学の基礎知識の理解度向上も期待することができます。

プロスタキッズのメイクコードコースでは、基礎コースから、初級・中級・上級コースまでを用意しています。初級では「順次処理」「ループ処理」「条件分岐」をはじめとするプログラミングの基礎知識を身につけることができます。それを元に中級ではより複雑な作成を行うための思考力を養い構、プログラムの構造を学ぶことができ、上級へ進むと少ない情報からどんどんプログラムを組み立てていく力をつけることができます。また、命令が書かれたコードを組み合わせる『ビジュアルプログラミング』でプログラミングの基礎力を身につけた後は、自分でJavascriptの言語に切り替えての実装が可能です。

 

「メイクコードコース」では実際にどんなことをやるの?

 

マインクラフトの世界をプログラミングをする「メイクコードコース」では、
マインクラフトの動作を覚える初歩の初歩からはじまり、マインクラフト初心者でも楽しく始めることができるやさしいカリキュラム設計です。

月に4回ある授業の中でプログラミングのアルゴリズムを少しずつ学び、身につけた能力を使って子どもたちが作りたい作品をプログラミングを駆使して作っていきます。


毎月1週目は順次処理を学習しています。

プログラミングの基礎である順次処理では、プログラムは作った通りに上から順番に進んでいく感覚を身につけることを目的としています。

まずはビジュアルプログラミングに慣れることから始まり、慣れた後は自分のスピードで次々とミッションをクリアし、順次処理の理解度を深めています。

 

2週目は反復処理を学びます。

反復処理とは『一つの事象を繰り返す』ということを指しており、いかに効率的なプログラムを作っていくのかを考える練習を行っています。『1つ前に進んで右を向く、1つ前に進んで右を向く』このプログラムを4回書けば、マインクラフト内のエージェントが一周して元の位置に戻ります。

これを、『”1つ前に進んで右を向く”ことを”4回繰り返す”』というプログラムにすれば、プログラムの文字数も行数も減ります。

反復処理を学ぶことで、効率的に物事を考えることのできるロジカルシンキングの育成に繋がります。

 

3週目は条件分岐を学びます。

条件分岐とは「もし〇〇であれば△△する、もし□□であれば××する」というように『条件に合わせて実行する内容を変更する』という処理のことを指します。

マインクラフトでは、最初は理解しづらい条件分岐を視覚的に理解し、1ブロック単位の世界で数学的に学習することができるため、コードを書くプログラミングと比較すると誰でもわかりやすく学習することが可能になります。

 

4週目は、1~3週目で学んだ内容を元に独自の作品を制作し、他の人の前で発表する機会を設けています。

プロスタキッズでは、『創る力』と併せて『アウトプットする力』を重要視しています。

頭の中を形にするプログラムを覚え、人にそれを伝える能力を身につけることができれば将来子どもたちのやりたいことを実現できるという想いの下、プロスタキッズは日々の授業を行っています。

 

 

プロマインクラフターのオリジナル教材

プロスタキッズの教材で使用しているワールドは、プロのマインクラフターの手によって作られています。つまりプロスタキッズに通う生徒さんは、自分ではなかなか作れないような細部まで作り込まれた緻密で楽しいワールドでプログラミングを学ぶことができるのです。
更に、教材のワールドは月ごとにコンセプトを定めているため、季節に合ったオリジナルワールドで飽きることなく勉強を自然と続けることが可能です。

プロのマインクラフターが作ったプロスタキッズオリジナルワールドと、その特徴を以下でご紹介いたします。

 

◆夏祭り◆

こちらは夏祭りをテーマにしたワールド。このワールドでは、夏祭りをプログラミングで再現することができるのです!!
自分で屋台を立てたり、花火を上げたりと挑戦しがいのある楽しいワールドになっています。

 

 

◆ナスカの地上絵◆

こちらは『ナスカの地上絵』がテーマのワールド。ここでは、自分で考えたオリジナルの地上絵を書くプログラミングを体験することができます。
『地上絵って何?』から始まり、楽しく地上絵を書きながら様々なプログラミング技法を学べる有意義なワールドです。

 

 

◆不思議の国◆

こちらは『不思議の国』がテーマのワールドです。内装までこだわりが詰まった可愛らしいハートのお城があったり、巨大な迷路があったりとファンタジーの世界を表現しています。
実際の課題の中では、不思議の国の中にある巨大な迷路をクリアする課題をこなしていきます。

 

 

教材の監修はマイクロソフト認定エキスパートエデュケーターの先生


プロスタキッズのマインクラフトプログラミングコースのカリキュラムは、
マイクロソフト認定エキスパートエデュケーターの先生・安藤昇先生が監修してくれています。

<安藤昇 先生 プロフィール>
Microsoft Innovative Educator Experts 2015-2018
学校法人 佐野日本大学学園
佐野日本大学高等学校・佐野日本大学中等教育学校
ICT教育推進室室長

ICTを活用した教育の第一人者。
生徒の自主性・学び合いを重視したICTの教育への活用は国内外に大きく評価され、
マイクロソフトの主催する教育の世界大会では2位を受賞している。
持ち前のプログラミング能力を生かし、全国高体連への試合運営システム、教育用のラーニングシステム「デジタルキャンパス」の開発・提供をしている。

マイクロソフト認定エキスパートエデュケーターとは日本マイクロソフトから公式に認定を受けた資格で、教育者の先生方の中でもICT教育に精通している先生方しか認定を受けることができません。

そんな先生方の中でも安藤先生は、2018年マイクロソフト Grand Learning Activity Awardというエキスパートエデュケーターの先生方の活用を表彰する場において、
最優秀賞を受賞している日本で屈指のプログラミング教育のプロフェッショナルです。

現役の教育現場指導者でもある安藤先生監修のプロスタキッズのカリキュラムは、飽きることなく楽しくプログラミングを学び続けることで、論理的な思考が自然と身につく設計となっています。

 

 

今だけ1ヶ月目無料受講開催中

プロスタキッズでは、4月までの限定で1ヶ月目無料受講キャンペーンを実施中です。

通常は無料体験教室にご参加、通うかどうかをご判断いただいていますが、今回のキャンペーンでは4回分の授業も無料でお試しいただけるのです!

「無料体験だけではどんなスキルが身につくのかわからない」こんな皆様のお声にお応えした特別キャンペーンです。

 

今回の記事でご紹介したマインクラフトをプログラミングできる「メイクコードコース」ももちろん体験いただくことができます。
また、一部の校舎では「スクラッチコース」もお選びいただけます。


とはいえ、プロスタキッズの一番人気は「メイクコードコース」です。
このコースに通いたいから集まるお子様の非常に多いのです!
「メイクコードコース」は全国23教室どの教室でも実施しております。

この機会にぜひマインクラフトでプログラミングとはどんなものなのかをお試しください!

 

 

 

まとめ

マインクラフトでのプログラミングについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。遊びながらプログラミングが学習できるため、子供にも親御さんたちにも大変人気の高い学習ツールになっております。
政府がマイクラでのプログラミング教育を真剣に検討している理由も納得ですね。子どものプログラミング学習の第一歩として、マイクラのように遊んで学べる教材から始めてみてはいかがでしょうか。

 

メイクコードと
スクラッチから
好きなコースを
選べる!

無料体験教室開催中!

プロスタキッズでは随時無料体験教室を開催しています。
初心者でも安心、お気軽にご参加ください!

担当:向山

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5479-2277

受付時間:10:00-18:30

まずは無料体験教室へ

教育事業者様・企業様向け

プロスタキッズでは、全国各地を対象に当事業を
展開していただけるオーナー様を募集しています。

フランチャイズに関する情報はこちら