マインクラフトの世界でプログラミングするなら

お電話でのお問い合わせ

03-5479-2277

受付時間:10:00-18:30(日曜休み)

今すぐ1ヶ月0円受講に申込む
新学期 特別キャンペーン 新学期 特別キャンペーン

先着30名様限定
特別キャンペーン実施中

1ヶ月目無料受講キャンペーン

こちらのキャンペーンにお申し込みいただき、
ご入会いただくと1ヶ月目受講料が 0円でご受講いただけます!!
話題のプログラミング教育をお得にお気軽に始められるチャンスです!
まずは1ヶ月間でお子様の成長具合・プロスタキッズのコースの
楽しさを十分に体感くださいませ! ※1ヶ月目途中退会の場合でも料金はいただきません。
※一部校舎は実施しておりません。ご了承ください。
実施校舎につきましてはお問い合わせください。

受講コース 選べる2種類から

人気No.1

マインクラフトの世界をプログラミングできる
メイクコードコース
最大4回・4時間
※実施コースは校舎によって異なります。
 校舎にお問い合わせください。

自由度を高くゲーム作りを追求できる
スクラッチコース
最大4回
※実施コースは校舎によって異なります。
 校舎にお問い合わせください。

プロスタキッズ品川校

お電話でのお問い合わせ

03-5479-2277

受付時間:10:00-18:30(日曜休み)

担当者:プロスタキッズ品川校(本部)

今すぐ1ヶ月0円受講に申込む

プログラミング教育に関して
こんなお困りごとございませんか?

  • 何から始めさせたらいいの?
  • どの教材が合っているのか分からない
  • 早い段階からITに慣れさせたい
  • 必修化になる前に習わせておきたい
  • パソコンを使ったことない初心者でも大丈夫?
  • 重要性は分かっているけど、自分では教えられない

日本と海外のプログラミング教育の差の実態
日本では2020年から必修化される
プログラミング教育も10年前後遅れている?!

2020年には小学校で、それ以降も順次中学・高校でプログラミング教育が必修化されます。
日本はIT 教育に関しては他国に遅れを取っていると言われていますが、他国ではどのようなプログラミング教育が展開されているのでしょうか。調べてみると、かなり低年齢から『プログラミング的思考』をカリキュラム化していることが分かりました。

5-16歳の義務教育対象で必修化 イングランド

1995年から『IT』という教科が設置されて以降、1999年には『ICT』に、そして2014年には現行の『Computing』という教科で子どもたちはプログラミングを学んでいます。この教科では、CS(コンピューターサイエンス)、IT(インフォメーションテクノロジー)、DL(デジタルリテラシー)の3 分野で構成された教科では、「アルゴリズムの理解」や「プログラムの作成・デバッグ」といった専門的な内容から「情報技術の安全な利用法」まで、幅広く学ぶことができます。プライマリースクールでは年に30時間程度、セカンダリースクールでは最大で年に60時間(週に2時間)程度の授業が取り入れられています。

『Skype』の生みの国エストニア

2012年に初等教育(7~15歳)で「プログラミング教育推進プログラム」が導入されました。イングランドと異なるのは、選択式の科目で義務化されているわけではないということ。同国では現場に大きな権限があり、どのような授業を行うかは各学校や先生に託されています。そのため、カリキュラムは学校独自のもので構成されています。
エストニアのプログラミング教育の目的は『批判的思考や問題解決能力、創造力、協調性の育成』とされています。また、一部のアッパーセカンダリースクールではScratch、Java、Python などを用いて学ぶ授業が独立科目(選択科目)とし て設置されています。

2009 年から初等教育必修化 ロシア

国家的プロジェクト『スコルコヴォ』計画に基づき、2009年から初等教育で、2010年から中等教育でプログラミング教育を含んだ『インフォルマティカとICT』という教科が必修化されました。
初等教育では図形やデータの集計・分析など主に算数と紐づけて簡単なアルゴリズムを学びます。それを元に、中等教育ではアルゴリズム思考の開発およびそれを作成するための技 能を身に付け、『順次処理・条件分岐・繰り返し』などの構造を理解・精通させるカリキュラム設定がなされています。また、2014年には教育科学省および情報技術・通信省と連携した『Hour of Code』が実施されています。

2011年から
『SMART 教育』開始 韓国

『SMART 教育』では、楽しみながら自分の適性とレベルに合わせて自発的に学ぶこと、デジタル教材やIT を活用して学習すること、そして教師と双方向でコミュニケーションを取りながら積極的に学ぶことを狙いとしてカリキュラムが作成されました。また、2015年の教育課程改訂では約960校の小学校がソフトウェア教育推進のモデル校に認定され、プログラミングコンテストなどが開催されました。これらを踏まえ、2017年に正規教育過程としての『ソフトウェア教育』が始まり、2019年3月からは必修過程としての導入が開始されます。

さらに・・・!

Microsoft 認定講師が
海外視察で見た!
最先端のプログラミング教育現場「シアトル」

幼稚園で初めてPC に触れ、キーボードでタイピングをするのが当たり前のシアトルでは、5~6歳ごろから間違い探しなどを通じてプログラミング的思考を学んでいます。日本では、はじめてのPCが大学生と約12年の差が…
こういった教育の様子からでも、日本がいかに遅れをとっているのかよくわかります。この現状を目の当たりにして、子どもたちの行く末を思い、一人の教育者として、保護者として本当に危機感を感じました。

シアトル視察で最も感じたのは、ICT教育の保護者の理解度と「子供の意識の差」です。日本式の教育は、「教える・記憶させる」教育がメインになっていますが、シアトルでは「わからないことは調べる・考える」が当たり前の意識です。
だからこそ、目標達成する力・問題解決力が自然と養われ、その上でプログラミング教育が科目として行われることで『優秀なエンジニア』の育成をしています。アメリカでは、いい大学を卒業させる意義を『優秀なエンジニアにして子供の稼ぎを良くしたい』と考える保護者が多いのです。

プログラミング教育のTOP1%以内に入る、幼稚園・小学校併設の視察した学校では、全授業でPCを導入して授業が進行しています。これだけPCを操作していれば、タイピングを初め、PCを使いこなすスキルが自然と身についていきます。
こうした設備や、授業の仕組みの差が、子供の将来のスキル差にそのままつながっているのだと体感しました。うちの息子の小学校でも、せっかくタブレットを導入したので授業参観のときだけPC に触れさせ、後は学校のタブレットコンテナに眠っていいます。これからのコンピュータをフルに活用したAI全盛時代を生き抜ける子供たちを育成出来るのか、疑問の残るところです。

海外事情を聞いて、日本のプログラミング教育が足りないと感じた
まずはお子様に合う楽しく学べる教室探しをしませんか?

先着30名様限定
特別キャンペーン実施中

1ヶ月目無料受講キャンペーン

こちらのキャンペーンにお申し込みいただき、
ご入会いただくと1ヶ月目受講料が 0円でご受講いただけます!!
話題のプログラミング教育をお得にお気軽に始められるチャンスです!
まずは1ヶ月間でお子様の成長具合・プロスタキッズのコースの
楽しさを十分に体感くださいませ! ※1ヶ月目途中退会の場合でも料金はいただきません。
※一部校舎は実施しておりません。ご了承ください。
実施校舎につきましてはお問い合わせください。

受講コース 選べる2種類から

人気No.1

マインクラフトの世界をプログラミングできる
メイクコードコース
最大4回・4時間
※実施コースは校舎によって異なります。
 校舎にお問い合わせください。

自由度を高くゲーム作りを追求できる
スクラッチコース
最大4回
※実施コースは校舎によって異なります。
 校舎にお問い合わせください。

プロスタキッズ品川校

お電話でのお問い合わせ

03-5479-2277

受付時間:10:00-18:30(日曜休み)

担当者:プロスタキッズ品川校(本部)

今すぐ1ヶ月0円受講に申込む

プロスタキッズが
1ヶ月無料受講を開催する理由

より多くの子供達に
プログラミングは” 遊びながら” 学べるという体験をしてほしい
  • 『プログラミング』と聞くと、ずっとパソコンに向かって英語でコードを書いていく…というイメージを持つ保護者の方もいらっしゃるかもしれません。プロスタキッズでは、遊びにも使われる身近なマインクラフトを用いて遊びの延長でプログラミング的思考を養うことができます。自分の指示で画面の中のキャラクターが動いた!という体験を通して、プログラミングを楽しんでほしいと考えています。
保護者のみなさまに
まだ眠っているお子様の才能を見つけてほしい
  • 運動や音楽など様々な習い事を通じて『これが向いているかもしれない』と思ったことがあるなら、ぜひその候補の一つとしてプログラミングも体験してほしいと考えています。初めて触れる教材で、保護者の皆様や本人でさえも気づかなかった才能が開花するかもしれません。「興味はあるけど、なかなか習える場所がない」というお悩みも、1ヶ月通うことで解決できると私たちは考えています。
プログラミング教育のスキルは
お子様の成長を体感いただかないと伝わりづらいから
  • 1回1~ 2時間の体験教室では、なかなか成長は実感しづらいものです。そこで、1ヶ月間通っていただくことでお子さまがどのようにプログラミングを経験し、それを通じてどう変わったかを実感していただきたいと考えました。やがて3ヶ月、半年と続けていく中で、プログラミング以外の普段の生活などでもその成長を実感いただけるものと考えています。

『プロスタキッズ』の他とは違う!
3つの特長

その1マインクラフトを使って楽しく学べる

マインクラフトを使って楽しく学べる

小学生に人気の高いゲーム『マインクラフト』を用いたカリキュラムで、遊びの延長のような感覚で様々な考え方を身につけることが可能です。また、授業の中で使用するワールドはアジア初のプロマインクラフターが監修・制作したオリジナル!見たこともないようなワクワクする世界の中で、楽しみながらプログラミングに必要な思考を楽しく学ぶことができます。

マインクラフトを使って楽しく学べる

その2監修はマイクロソフト公認講師!

監修はマイクロソフト公認講師!

カリキュラムを監修してくださるのは、日本で15 人しかいない『マイクロソフト認定エキスパートエデュケーター』の安藤昇先生。
高さや空間認識能力といった、より高度な概念をマインクラフトを用いて学べるカリキュラムを監修いただいています。

監修はマイクロソフト公認講師!

その3総務省認定を受けている教室です

総務省認定を受けている教室です

プロスタキッズの理念『すべてのヒトに創るチカラを』に基づいて実施した難聴児向けのプログラミング授業は、2017 年度の総務省認定事業『若年層に対するプログラミング教育の普及推進事業』に認定されました。年齢や障害の有無、パソコンスキルを問わず、すべての人が創るチカラを持ち活躍できる社会を作るために必要な考え方『論理的思考』を身につけることができます。

総務省認定を受けている教室です

プログラミングの楽しさを知ってもらうため
イベントやメディアにも多数実績があります。

■イベント

Youtuber イベント(2018/5)
Youtuber イベント
(2018/5)
東京花火大祭(2018/8)
東京花火大祭
(2018/8)
新豊洲オータムフェス(2018/10)
新豊洲オータムフェス
(2018/10)
新豊洲オータムフェス(2018/10)
新豊洲オータムフェス
(2018/10)

■メディア

ネットメディア『コエテコ』(2018/8)
ネットメディア『コエテコ』
(2018/8)

テレビ東京『おはスタ』(2017/5)
テレビ東京『おはスタ』
(2017/5)
雑誌『塾と教育』(2018/11)
雑誌『塾と教育』
(2018/11)

具体的にプログラミング教育が
イメージできない方こそ、楽しく学べる
”プログラミングとは何か” を体感しませんか?

先着30名様限定
特別キャンペーン実施中

1ヶ月目無料受講キャンペーン

こちらのキャンペーンにお申し込みいただき、ご入会いただくと
通常初期費用22,800円を 期間限定特別料金0円でご受講いただけます!!
話題のプログラミング教育をお得にお気軽に始められるチャンスです!
まずは1ヶ月間でお子様の成長具合・プロスタキッズのコースの
楽しさを十分に体感くださいませ! ※1ヶ月目途中退会の場合でも料金はいただきません。
※一部校舎は実施しておりません。ご了承ください。
実施校舎につきましてはお問い合わせください。

受講コース 選べる2種類から

人気No.1

マインクラフトの世界をプログラミングできる
メイクコードコース
最大4回・4時間
※実施コースは校舎によって異なります。
 校舎にお問い合わせください。

自由度を高くゲーム作りを追求できる
スクラッチコース
最大4回
※実施コースは校舎によって異なります。
 校舎にお問い合わせください。

プロスタキッズ品川校

お電話でのお問い合わせ

03-5479-2277

受付時間:10:00-18:30(日曜休み)

担当者:プロスタキッズ品川校(本部)

今すぐ1ヶ月0円受講に申込む

プロスタキッズに通う
保護者様の声

Q. 当体験講義に参加されての感想をご記入ください。

プロスタキッズに通う保護者様の声

プロスタキッズ運営会社

プロスタキッズ

プロスタキッズ運営元、および東日本統括本部のある株式会社ミスターフュージョンは、CROコンサルティング(コンバージョン率最適化)に特化したWebマーケティングコンサルティング企業です。2017年下半期には、Webマーケティング事業インターネット広告のモバイル広告分野においてGoogleから日本一の評価をいただきました。

また、西日本統括本部のある株式会社ケーイーシーは奈良で40年の歴史がある塾を運営しています。「人間大事の教育」という企業理念に基づき、自己肯定感と自己効力感を育むことで子どもたちに「10年先・20年先にも続く自信を育てる」という理念のもと教育カリキュラムを展開してきました。

全く業種の異なる2社が協力し合うことで、互いに補完し合いながら、子どもたちに楽しくプログラミングを学べる機会を提供しています。

プロスタキッズ
株式会社ミスターフュージョン会社

■株式会社ミスターフュージョン会社概要
URL:https://mrfusion.co.jp/
『すべてのヒトに創るチカラを』
Webコンサルティング事業を中心に、企業のWebマーケティング運用のお手伝いをし、お客様とともに成長し続ける会社であることを目指します。教育事業の「プロスタキッズ」は日本全国に22教室を開講しています。

所在地 : 〒108-0075 東京都港区港南2-4-13 スターゼン品川ビル3階
設立日 : 2009年12月
資本金 : 1億4,500万円
代表者 : 代表取締役 石嶋洋平
事業内容: Web マーケティング事業・SEM 事業(リスティング広告運用代行)・教育事業

株式会社ミスターフュージョン会社
株式会社ケーイーシー会社

■株式会社ケーイーシー会社概要
URL:https://www.kec.gr.jp
株式会社ケーイーシーは生徒数5500名、奈良県最大規模の学習塾です。
子どもたちの『10年・20年先にも続く自信を育てる』を教育コンセプトに、学習塾として子どもたちの学力を引き上げ、受験を成功に導くことだけではなく、人としての大切な他人を思いやる優しさの心や道徳心を持ち、自主・自立したこれからの社会の発展を担う人材の育成に力を入れています。

所在地  : 〒630-0255 奈良県生駒市山崎新町2-37 エミネンス生駒1F
塾創設  : 1977年11月
法人設立 : 1982年9月
資本金  : 2,000万円
代表者  : 代表取締役 小椋義則
事業内容 : 教育産業全般・小中高生の受験進学指導

株式会社ケーイーシー会社

入力内容をご確認の上、「送信する」ボタンを押してください。
1.入力 2.確認 3.完了
1.入力 2.確認 3.完了
1.入力 2.確認 3.完了
必須お名前
必須電話番号
必須メールアドレス
必須ご希望の教室
必須お子様の学年
自由記入欄
必須個人情報の
取り扱いについて

「個人情報の取扱いについて」

(1)個人情報の利用目的
■開示対象個人情報の利用目的
従業者の個人情報
・従業者の給与計算及び連絡、管理のため
採用応募者の個人情報
・採用選考のため
お客様よりいただく個人情報
・当社サービス提供のため
・注文された商品の発送のため
・当社事業に関してお問い合わせいただいた内容に回答するため

■非開示対象個人情報の利用目的
取引先からお預りした個人情報
・弊社サービスを遂行するため

(2)開示対象個人情報の開示等の求めに関する手続き
開示対象個人情報に関して本人は次の「求め」ができます。
「利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止」
当社では、次の手順で個人情報の開示等の求めに対応いたします。

事業者の氏名または名称
株式会社ミスターフュージョン
個人情報保護管理者
石嶋 洋平

開示等の求めの受付
「個人情報開示等請求書」へご記入の上、「個人情報問い合わせ窓口」までご郵送いただくか、ご持参をお願いします。
個人情報開示等請求書はお問い合わせの際に郵送します。
本人確認のため、以下の書類を(2)の所定の用紙とともにご郵送いただくか、
ご持参をお願いいたします。
・運転免許証、パスポート等の写真で本人確認が出来るものの写し
(開示等の求めをする本人の名前および住所が記載されているもの)
・住民票の写し
(開示等の求めをする日前30日以内に作成されたもの)
(開示等の求めをする代理人の名前および住所が記載されているもの)
・代理人の住民票の写し
(開示等の求めをする日前30日以内に作成されたもの)
・代理人が弁護士の場合は、登録番号のわかる書類
・代理を示す旨の委任状
対応の検討
所定の用紙により受け付け、本人確認、代理人確認ができたときは、当社内で検討します。
検討結果連絡
当社内で検討した結果は遅滞なく書面により連絡します。
書面の送付先は、所定の用紙にご記入いただいた本人または代理人の住所とします。
・本人または代理人を証明する帆類に、本籍地が明示されている場合は、消去していただいて結構です。
・本人または代理人を証明する書類は、当社が入手してから6か月以内に責任を持って廃棄いたします。

(3)個人情報に関する開示等及び苦情・相談について
「個人情報問い合わせ窓口」にお問い合わせください。

窓口の名称 お問い合わせ窓口
連絡先 住所 :〒108-0075
東京都港区港南2丁目4−13スターゼン品川ビル3F
電話 :03-5495-7355
FAX:03-5495-7354